令和3年度商工会女性部リーダー研修会

令和3年11月16日(火)、メルパルク熊本において
令和3年度県女性連リーダー研修会を開催いたしました。

吉永理事(熊本市託麻)司会のもと研修会が始まり、吉田副会長(玉名市)より女性部誓いの言葉、続いて会長挨拶は、黒澤会長(菊陽町)が怪我により欠席の為、荒木副会長(上天草市)が代理挨拶を行いました。

研修会【第1部】

郷土料理青柳 女将 の倉橋恭加氏を講師に迎え『SDGsを通じた女性の働きやすい職場づくり』とのテーマでご講演いただきました。
昨今、男女共同参画社会が推進されており、積極的な女性の人材登用や非正規雇用から正規社員へのステップアップなど、女性で経営に携わるものとして大変貴重なお話でした。

研修会【第2部】

西九州大学 非常勤講師 吉村春生氏より、「心がかぜをひくとき」と題し、このコロナ禍だからできること、思考を切り替え行動する大切さについて、女性ならではの視点で講話いただきました。共感を抱かずにはいられない内容と軽快な語り口で会場は終始笑いに包まれました。

交流会

松永副会長(美里町)司会のもと、来賓挨拶を熊本県商工会連合会の笠会長より賜り、青年部連合会の中島会長の乾杯の発声で開宴されました。

リーダー研修会は新型コロナウイルス感染症により一昨年、昨年と中止となっていましたが、今年は2年ぶりに部員が県下一堂に会する研修会となり、例年よりも多い参加人数となりました。110名の女性部員が集い、女性部員間での交流もできました。

カテゴリーの記事